ダイエット

筋トレと正しいウォーキングでダイエット効率UP!

ぜんかいまでのあらすじ
勇者は今すぐ、どこでもできるダイエット筋トレメニューを教わったのだった

こんにちは大学生トレーナヒロ(@hiroworkoutdiet)です!

前回の記事も読んでいただけましたかね?まだの方は是非読んでみてくださいね!!

 

ダイエットは継続が命ですから、今すぐできる。どこでもできる、これに勝るものなしです

 

今回は質問いただいていたことについて記事の形でご返信

「有酸素運動があまり効率よくないのはわかったけど、正しいやり方もあるんでしょ?」と以前質問いただいたのでちょっと詳しくまとめていきます

 

ここまでのことを実践してくると、もっと効率上げたくなるかな?ということで紹介しようと思いました!

 

まだ質問していない方や、公開ダイエット始まっちゃったけど一緒にやりたい方

ダイエットのアドバイスが欲しい方

などなど何か気になることがある方はぜひDMください!

質問には現状すぐに、全件答えていますので!

 

勇者
勇者
「ランニングや、ウォーキングも取り入れて効率上げたいです!
やり方教えてください!」
王様
王様
有酸素運動のキーワードは2つじゃ!

 

ダイエットプログラムに有酸素運動を加える意味

筋トレして、ダラダラしている時のカロリー消費量もUP⇨楽に痩せる

 

これが僕のダイエットプログラムの指針なのですが、「効率上げたいぞ」という人もいると思います

有酸素運動も正しく使うと効率UPに効果的です

 

大切なポイントが2つあるのでそこをますは抑えてください

 

ポイント1:有酸素運動をする長さ

有酸素運動(=ヨガ、ウォーキング、水泳、ランニングなど)を効率よく行うためには長さが大切です

 

多くの人の頭の中では「ショートケーキ食べたから、その分走って消費しなくちゃ」

 

と考えるかもしれません。ですが長すぎる有酸素運動はむしろ体を痩せにくくする

 

これが事実です

 

長い有酸素運動が痩せにくい体を作る理由

なぜか?それは簡単です

 

筋肉が落ちるから

なのです。

 

ここまでの記事をきちんと読んできたみなさんならどういうことなのか、お気づきかと思います。

 

そうです

 

筋肉の量=基礎代謝の量

つまり….

有酸素運動のオーバーワークによって筋肉が減少⇨

基礎代謝減少⇨

一日の消費カロリーダウン⇨

痩せにくい体の完成!!

 

ということです。有酸素運動やりすぎの恐ろしさ、お分りいただけたでしょうか

 

やりまくると、体重が減るので痩せた!と思うのですが

落ちたのは脂肪ではなく、筋肉なのです

 

長距離の選手いますよね。あのように長い有酸素運動を行う競技の選手というのは以上のような理由から、筋トレをして筋肉の減少を抑えているのです

 

筋トレもせず、長距離選手のような運動を続けたら…

もう賢いみなさんならお分かりですね

 

 

有酸素運動の適切な長さ

長い有酸素運動のデメリットはわかっていただけたとお思います

 

次は適切な長さです

 

MAX:45分

と覚えておきましょう

 

それ以上はオーバーワーク筋肉を減らしてしまいます

 

僕は最近20分の有酸素運動+HIITというメニューで消費カロリーを増やしています

 

HIITは4分で脂肪燃焼効果を2日間維持できるという運動のこと。

HIITについてはまた今度紹介します。

 

ポイント2:有酸素運動の強度

長さはMAX:45分。これを頭に叩き込んだら次のポイントです。

 

有酸素運動の強度について。よくある間違いなのは

「激しい運動の方が、カロリー消費するはず」

 

というもの

 

自分もそう思ってた!、という読者の方も多いはず

 

ですが事実、激しい運動というのは体力をつけるのには有効ですが、体脂肪を燃やすためには有効ではないのです

 

適切な強度とは?

じゃあその適切な強度って?と思いますでしょう

 

それは心拍数を参考に強度を決めれば適切な運動強度がわかります

 

最大心拍数の65%が脂肪燃焼に良い強度だと研究結果が出ています!

 

心拍数の計算式もあるのですが、じゃあ運動してる時どう心拍数測ればいいのさ?という話になるので

 

ジムにある心拍数を図りながら運動できる、ランニングマシーン、トレッドミル、サイクリングを使うことがポイント

 

ジムに行けない人、近くのジムに心拍数図りながら運動できるマシーンがない人はAppleWatchなどのスマートウォッチを使って計るといいですよ

 

大体のランニングマシーンの横に、強度の目安のようなものがあるのでそれに合わせてやってみよう

 

まとめ

 

適切な心拍数を維持したまま有酸素運動を、適切な長さ行うべし!

 

質問疑問があれば、インスタ、ツイッターでどうぞ!!