未分類

どうして脂肪は燃えづらいのか

オスオス、大学生トレーナーのひろです。

 

痩せたい!と思ってダイエットしたのに体重が減らない

とか

 

体重は減ってるのに見た目が全然変わらない

なんてことないですか??

 

それは脂肪の燃えずらさや、落ちているのが脂肪じゃなくて実は〇〇であること

が理由なんですね

 

というわけで

今回は「どうして脂肪はあんなに燃えにくいのか」について紹介していくぞー

 

どうして脂肪が燃えずらいのか

これは意外と簡単な理由

人の歴史は飢餓との戦いだったから

どういうことかというと…

 

今みたいに食べたいものを食べたい時に手に入る時代というのは人の歴史からすると極々短い期間なんですね

ほとんどが満足に飯を食べられなかった、そんな期間が人間史を占めています。

 

そのため、食べられる時に食べられるだけ食べて体に溜め込めるように人間は進化してきたわけです。

その機能を担っているのが、「脂肪」な訳です。

 

というわけで、餓死しかけるとまで脂肪はなかなかエネルギーとして使われないわけなんですね。

 

じゃあ何が減ってるの??

「脂肪が減ってないなら、あたしらがダイエットして減ってるあれって何??」

と思いますよね?

あれは、筋肉です

「筋肉が減っても痩せれればよくない??」

本当にそうでしょうか

筋肉がなくなると…

1:痩せにくくなる

2:体の締まりがなくなる

こんなことが起こってしまうんです

一つ一つ見ていこう

 

1:痩せにくくなる

筋肉はエネルギーをたくさん消費する体のパーツなんです。

 

運動していない時、ご飯を食べた時様々な時にエネルギーをたくさん消費してくれているのが筋肉なんです。

 

よって筋肉が減ると、消費するエネルギーが減って痩せにくい体が出来上がります。

 

ただ体重計の数値を減らすダイエットがしたいなら筋肉をないがしろにしても構いませんが、皆さんは違いますよね

 

詳しくは基礎代謝について調べてみてね

 

2:締まりがなくなる

筋肉は簡単にいうとワイヤーみたいなものです。

筋肉が減ってしまうというは、ワイヤーがたるむこと

つまり、体の皮や肉が垂れてしまうんです。

歳をとって胸が垂れるのと同じことです。

筋トレはしようね!

 

なんで素晴らしい筋肉ってそんなに消費されがちなの??

「せっかくダイエットしても筋肉が減っちゃうんじゃ意味ないじゃん!!なんで筋肉ばっか減っちゃうんだよ!!」

 

どうしてか?勘が鋭いあなたならわかるはず

 

それは

「エネルギー消費が大きいから」

なんです!つまり餓死しやすい時代が続いたのに、エネルギーをそんなにたくさん消費するやつを養えるか!ということ

 

よって無駄飯ぐらいの筋肉は先に消費してしまおう!と人間は進化したわけです

 

まとめ

筋肉を愛するものとしてはとても悲しいことですが、人間の歴史を見るととても合理的ですよね?

じゃあどうしたら痩せられるかというのは、このブログのダイエットプログラムを見てみてね!!